食事療法のススメ

食生活が豊かになったことで様々な病気が増加しています。

特に発症の増加が著しい生活習慣病(成人病)について説明します。 一口に生活習慣病(成人病)といってもガン、肥満、糖尿病、脂質異常症、動脈硬化、肝臓病、高血圧、心疾患、脳血管疾患、痛風、アレルギー、骨粗鬆症、歯周病など数多くあり、偏った食生活や食べ過ぎ、喫煙、飲酒、ストレス、運動不足などが大きく関与し発症する病気を生活習慣病(成人病)と呼ばれています。 生活習慣病(成人病)の中でも特に患者の多い高血圧や肥満、糖尿病、痛風などは食生活の乱れが大きく関係していますので、予防・改善には食事療法が大変有効となります。 それでは高血圧や肥満、糖尿病、痛風を予防・改善するための食事療法について詳しく説明していきます。

自分にあった食事療法を行う必要があります。

年齢や性別、1日の運動量などによって1日の必要摂取カロリーが違ってきますので、食事療法を行ううえでまず重要なことは、自分にとっての推定エネルギー量の目安を知ることです。 エネルギーだけではなく塩分の摂取量も生活習慣病(成人病)に大きく関与しています。塩分の摂取量は男性の場合1日10g未満、女性の場合1日8g未満を意識することが予防・改善に繋がります。 高血圧や肥満、糖尿病、痛風などの生活習慣病(成人病)は食事療法以外にも喫煙や飲酒、ストレス、運動不足など日頃の生活習慣を見直することで予防することが十分に可能ですので、病気を発症する前に自分の生活スタイルを見直すことが健康で過ごすための大事なポイントです。